ホーム営業案内句集コーナー電子ブックPrint all こんなことできますマーケティング・印刷お役立ち会社案内
 ホーム−印刷お役立ち−製本、綴じ方のいろいろ
ページ物、小冊子類を製本仕上げする場合は、縦書きの内容の時は右開き(表紙を見て右が綴じ)、横書きの時は左開きの原則があります。
製本形態は大きく、上製本、並製本、簡易製本に分かれます。 ページものを印刷する時は、製本形態を充分考慮して進める必要があります。
■ 上製本
ハードバックスとも呼ばれ、厚い紙の表紙で
市販 されている書籍に多い。 中身は糸かが
りに よって 綴じられ、表紙が中身より大き
く丈夫に 作られてい る。
 ■ 並製本
 一般的な製本形態で、綴じ方による分け方と、
  表紙の 形態による分け方がある。
平綴じ製本
本の中身ののど近くを針金や糸で綴じる製本法。若干開きが悪い、綴じしろを見込んでおく必要がある。
中綴じ製本
中身と表紙を見開き状態にして重ねて中心の折り目のところを針金や糸で綴じる。週刊誌や小冊子、パンフレットなどに多い
無線綴じ製本
針金や糸を使わないで、丁合いした中身の背に接着剤を塗り固める。開きが良く上製本・並製本ともにつかわれる。
アジロ綴じ製本
無線綴じを改良した綴じ方。折り丁の折り目にミシン目を入れておき、表紙を巻く前に折り丁の中まで接着剤を入れるので引っ張り強度が強い。表紙の形態により次の種類がある
くるみ表紙
針金や糸綴じをした中身を1枚の表紙でくるんで、3方仕上げ断ちしたもの。最も一般的な表紙形式です。(図-A)
がんだれ
(表紙を中に折り込んだ製本)(図-B)
くるみ継ぎ表紙
別々の表表紙と裏表紙を継ぎ合わせて製本したもの
切り付け表紙
中身と表紙を一緒に丁合いして、クロスや紙で背を巻いたものが多い。