ホーム営業案内句集コーナー電子ブックPrint all こんなことできますマーケティング・印刷お役立ち会社案内コンタクト
 ホーム−マーケティング・印刷お役立ち−デジカメデータを印刷する際の注意点
デジカメで撮影したそのままのデータでは印刷できません。カラーモデルが違うからです。 デジカメで使用するRGBは光の三原色といわれ、パソコンやTVモニターで使われるRED,GREEN,BLUEの3色の蛍光体が発色して加色 混合して色が生成されます。
一方印刷では、CYAN,MAZENTA,YELLOWにBLACKが補助的に使われる減色混合方式で色を作ります。 また印刷では、インキが発色するのではなく、そのインキの色の光が反射されそれ以外は吸収されて目に見えているのです。
●CIE色度図に表しているように、RGBカラーモデルとCMYKカラーモデルの表現できる色の範囲は異なり、CMYKは狭くなります。

●CMYKカラーは、構造的に墨版を生成するために、CMYの色版の暗部から墨版分の濃度を差し引いて作られます。そのため各色の階調特性は元データより損なわれます。

以上の2点が主な原因となり、RGBデータからCMYKデータに変換した時、画像がかなり劣化するのです。 そのため印刷会社では、多く色の補正を行っています。
そこで注意点としては
■ 元のRGBデータは、ハイライトからシャドーまでの色の階調情報を豊富に備えているので、色の補正はRGBデータの段階でしてからCMYK変換するほうがより美しい画像が得られます。

■ 印刷会社側も、アナログの時のように、写真やポジフイルムがない状態でデータだけを受け取ると、何が正しい色情報かがわかりません。デジカメのデータを印刷に渡す時は、必ず希望する色の再現メモ(少し明るくとか、空のブルーを鮮やかにとか)をつけてください。